2006年08月16日

「チルドレン」伊坂幸太郎

初めて伊坂幸太郎さんの名前を知ったのがこの本でした。
直木賞候補作品で書店に並んでいるのを見て
装丁が可愛らしかったのと、作家名の字面になんとなく品の良さを感じて
「覚えておこう」くらいに思っていました。

で、結局読み始めたのは「ラッシュライフ」だったのですが
それから見事にはまっていってコツコツと作品を読み始め、ついにこの作品にたどり着きました。
これで今まで単行本化(もしくは文庫化)されている作品すべて読み終えたはず。
わー!やったー!(なんとなく)

で、この作品。
読み始めは「面倒くさそうな人だなぁ」と感じた陣内のキャラクターに
しっかり、すっかり惹きつけられ。
ちりばめられたミステリに思わずニヤニヤしてしまい。
(「チルドレンU」のラストには「うわぁ〜!」となったけど)
肩の力を抜いて読める、短編集のような長編小説。

読み終えたときのちょっと幸せな気持ち。
この奇跡の物語、大好きです。

posted by エビマユ at 00:59| Comment(7) | TrackBack(2) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『チルドレン』、いいですよね。
自分もたまに読み返しますよ。
小さな奇跡の一つ一つに思わずニンマリしちゃいます。
伊坂幸太郎、とりあえずコンプリートされましたか。
次作は確か『フィッシュ・ストーリー』という短編集がこの秋発売の予定になっています。
待ち遠しいですよね!
Posted by せぷ at 2006年08月16日 10:49
<お返事>
☆せぷさん
読み返しても楽しめるってすごいですよね。
一度読んだだけではわからなかった伏線に気付いたりして、またニヤリ。
次回作も楽しみです☆
Posted by エビマユ at 2006年08月18日 17:59
確かこの作品、映画化かドラマ化が
決まっていたような・・・・。
私も面倒くさい男だなーと思いつつ
この暖かい作品の中にいつの間にか入り込んでました。
Posted by のりぞう at 2006年08月21日 22:34
TBさせていただきました。
私は伊坂さんはまだ2冊目ですが
陣内というキャラの魅力にすっかりはまりました。
全部制覇されたなんてすごいですね!
私もいつか制覇したいなぁと思います。
Posted by Spica at 2006年08月24日 13:07
<お返事>
☆のりぞうさん
WOWOWでドラマ化されてましたよね!
加入してないので見れませんでしたが。
陣内役は大森南朋さんだったと思います。
見たかったなー。

そうそう、最初はかなりうっとうしいんですけど
いつの間にか好きになっていました。

☆Spicaさん
コメント&TBありがとうございます!
伊坂さんの描くキャラクターはホントに魅力的ですよね。
「陽気なギャング〜」「砂漠」のキャラクターも好きでした。

伊坂作品、今は再度読み返して楽しんでいます。
何度読んでも面白いのも魅力のひとつだと思います。

Posted by エビマユ at 2006年08月25日 00:49
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
陣内のキャラがしっかりと立っていましたね。
とっても好きな物語です。

トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2009年05月12日 11:48
<お返事>
☆藍色さん
お返事が遅くなりました・・・。
コメントありがとうございます。
私もこの小説、伊坂さんの作品の中でもお気に入りです。
サクッと読めて読後感も良いですよね。
装丁も可愛らしくてステキ☆
Posted by エビマユ at 2009年05月14日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: チルドレン伊坂 幸太郎 (2004/05/21)講談社 この商品の詳細を見る 内容紹介(Amazonより) こういう奇跡もあるんじゃないか? まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信..
Weblog: ほしの図書館 (本と映画の部屋)
Tracked: 2006-08-24 01:01

チルドレン 伊坂幸太郎
Excerpt: 独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。 彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。 何気...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-05-12 11:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。