2006年06月17日

古典芸能に触れよう―観劇後―

観劇に関して感じたこといろいろ。

上演時間は約4時間30分。
そのうち休憩が30分(2回)。
演目が終わるたびに休憩が入ります。
最初の休憩では観客のほとんどが本当にお弁当を食べ始めました。
異様な光景です。

席は2階席の真ん中くらいでしたが
2階席はかなり前にせり出していて前の席との段差もついていたので
かなり見やすかったです。
でも花道から登場する役者さんを見るには1階がいいんでしょうね。

勘太郎さんと七之助さん。
今までテレビでしか見たことなかったのですが(トーク番組とか)
舞台でのお二人は恐ろしく素敵でした。
見方が変わります。

遠方から観劇に来ている方もたくさんいらっしゃったようです。
私の隣に座っていたご婦人は鹿児島から(しかも早朝から)。
その隣の方は大分から。
「めったにない機会だから・・・」とおっしゃっていました。
確かに襲名披露公演は今しかないですからね。

私も行ってよかった。
まだ未経験の方にはオススメします。
嗚呼、歌舞伎って素晴らしい。




posted by エビマユ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ&舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19552209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。