2006年05月02日

「ノートルダムの鐘」

ディズニー映画の中でも結構異色作なのではないでしょうか。
子供に人気が出そうなキャラクターは出てこないし
ストーリーも子供向きとは言いがたいです。

で、好きか嫌いかっていうともちろん好きです。
ミュージカルを見ているような感じですよね、
実際に吹き替えは劇団四季の俳優さんたちですし。
オープニングから圧倒される映像の美しさも
この作品の特徴だと思います。

カジモドが「サンクチュアリー!」と叫ぶシーンは
とにかく素晴らしいです。
posted by エビマユ at 01:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、音楽も映像もあの石像キャラもすべて大好きでした!
サントラ買っちゃいましたもん。
(でも日本語版 笑)
Posted by のりぞう at 2006年05月02日 08:06
<お返事>
いい映画ですよね〜。
あの石像キャラはいかにもディズニーって感じで
ホッとします。

日本語版のサントラってもちろん劇団四季の俳優さんですよね?
何気に豪華なサントラですね!
Posted by エビマユ at 2006年05月04日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。