2006年01月18日

「THE有頂天ホテル」

観てきました。
あらすじは、まぁ、ご存知ですよね・・・(すごいぐうたら)
大晦日を迎えたホテルの従業員と宿泊客による
新年パーティーまでのドタバタを
映画の上映時間と同じリアルタイム(およそ2時間)で描いた映画。

たくさんの登場人物が出てくるのに話がこんがらがることもなく
うまく収れんされていくストーリー。
しかも小道具使いがいいんですよね。
うーん、どうやったらこんな話思いつくんでしょ。

期待が高まりすぎたことに朝一の映画館の人の少なさが手伝って
思っていたほど笑う場面は少なかったかな。
でもベテラン俳優の皆さんの演技はさすがです。
伊東四朗さん、西田敏行さん、角野卓造さんには
大いに笑わせていただきました。
思い出し笑いしちゃうほどです。
posted by エビマユ at 23:24| Comment(3) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、いいな。
キャストみただけで
おなかいっぱいになれる映画だよね。
Posted by miyabicool at 2006年01月18日 23:34
ご覧になったんですね♪

私も伊東さんには大笑い。
あのインパクトの大きさ、さすがです。

でもですね。
ほんとのところ、ワタクシ的に見所は
コメディ部分ではなくて

・篠原さんの下着姿
・YOUさんのかっこいい歌手っぷり

だったりするのです。
Posted by のりぞう at 2006年01月22日 18:17
<お返事>
>miyabicool
ぜひご覧あれ。
見終わったら笑顔いっぱいになれるはず。

>のりぞうさん
観てきました〜。
YOUさんは確かにかっこよかったですね!
総支配人のあのお姿は今思い出しても
笑えます・・・
Posted by エビマユ at 2006年01月22日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

旅館
Excerpt: というわけで、昨日見てきた『THE有頂天ホテル』のお話です。 一日遅れの感想なのでロクなこと書けないと思いますが。。。 昨日はガッコがワケあって休みだったので、 それを
Weblog: 所有者はある中華デザート"リターンズ"
Tracked: 2006-01-18 23:44

THE 有頂天ホテル / 2006年日本
Excerpt: ■ストーリ  舞台はホテル「アバンティ」。このホテルの中で大晦日の  夜10時過ぎから年越しまでの2時間をリアルタイムで  描く。  登場人物は沢山の従業員達。総支配人、副支配人、  アシスタント・マ..
Weblog: のりぞうのほほんひとりぐらし
Tracked: 2006-01-22 18:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。